fotowa (フォトワ)でニューボーンフォトを出張撮影|新生児写真

 

厳選されたプロカメラマンが出張撮影してくれる、fotowa (フォトワ)は自分に合ったスタイルで撮影をしてくれると大変人気が高いです。

 

特に人気の撮影ジャンルとして紹介されているのが、お宮参り、七五三、マタニティフォト、ウェディング、お食い初め(百日祝い)、ハーフバースデー、入園卒園、入学卒業です。

 

その中でも特に注目が高いジャンルが「ニューボーンフォト」です。

 

 

ニューボーンフォトとは!?

 

日本では聞き慣れない方もいると思いますが、実は欧米では「ニューボーンフォト」は定番となっています。

 

生後〜60日頃までの赤ちゃんを撮影した写真という意味で、可愛い寝顔や小さい手足など、その時しか撮れない写真として、最近では日本でも人気が出てきています。

 

お子さんはいつになっても可愛いですが、やはり生まれたての小さなわが子というのは、毎日が特別な瞬間になりますよね。

 

 

ニューボーンフォトセルフは危険!?

 

 

新生児を撮影するというのは、毎日が楽しいですし記念の思い出写真としても増えていきます。

 

ただ、撮影に没頭するあまり、赤ちゃんが危険な状態になる可能性も大いにあると言われています。

 

例えば、赤ちゃんの背中に天使の羽などを付けて可愛い写真を撮ろうとなると、赤ちゃんは「うつぶせ」の状態になります。

 

日本では「うつぶせ寝」と言って、頭がの形がよくなるとか寝かせやすいなどの説もあるのですが、海外ではその危険性に指摘され続けているということもあるそうです。

 

実際にイギリスやオーストラリアでは、赤ちゃんをあおむけで寝かせるキャンペーンなどを行っており、その効果で乳幼児の予期せぬ死亡事故などが減少したというデータもあります。

 

自宅でもオシャレな写真を撮ることは良いですが、十分に気をつけて、赤ちゃん優先で撮影をしましょう。

 

 

ニューボーンフォトプロ撮影

 

 

ニューボーンフォトをしっかりと記念に残しておきたいのは当然ですし、お子さんが将来その写真を見た時に感動してくれることは間違いないと思います。

 

自分で撮影するのも良いですが、可愛い衣装を着させて、危険性も少ないのは、ニューボーンフォトのプロのカメラマンに撮影依頼のが好ましいです。

 

ニューボーンは特別な時期というのもあるので、赤ちゃんになるべく負担と危険が及ばないように、プロがしっかりとケアをしながら、赤ちゃんにストレスなく撮影できる環境が必要です。

 

ニューボーンフォトをしっかりと記念に残すために、プロに依頼をしてみてください。

 

通常では高額といったイメージですが、実はかなりお得に、しかもプロカメラマンが出張してきてくれますので、一度確認をしてみてくださいね。

 

⇒ ニューボーンフォトプロ撮影はこちら